メニュー

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

とびひは、正式名称が伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。細菌が皮膚に感染する病気で、人にうつる可能性がある病気です。
また、とびひには大きく分けて2種類あります。

  1. 水疱性膿痂疹:膿をもった水ぶくれがでる、皮膚がむけやすくなる、破れると皮膚がめくれてただれる、かゆみがある
  2. 痂皮性膿痂疹:炎症が強い、厚いかさぶたができる、水ぶくれはできない

とびひという名前の由来は、とびひを掻いた手で水疱が全身に広がる様子が、「火事の火の粉が飛び火する」ことに似ていることから「とびひ」と言われるようになりました。

原因

虫刺されやあせもを掻くことや、小さな怪我によってできた皮膚の傷口から細菌が入り込み発症します。原因菌とされる細菌は主に次の2種類です。

  1. 黄色ブドウ球菌… 健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる常在菌、増殖する際に毒素を出す。その毒素がとびひを発症させる原因になる。
  2. 化膿レンサ球菌… 健康な人の鼻の中やのどにいる常在菌です。

ご注意いただきたいこと

とびひは、次のような皮膚の疾患と症状が似通っているため、間違われやすいです。自己判断をせず、専門医による診断と治療をすることをおすすめします。

  • アトピー性皮膚炎
  • 水いぼ
  • あせも
  • 接触性皮膚炎
  • 水ぼうそう(水痘)

また、日常生活においては、

  • 患部を掻いたり触り過ぎない
  • 皮膚を清潔にする
  • うつる可能性があるのでタオルなどを家族間でも共有しない

治療方法

とびひの一般的な治療法は、患部の状況に応じて原因となる菌を滅菌するための投薬療法です。ひどくなってからだとなかなか良くならないこともありますので、気になる症状があれば、早めに治療を開始することも大切です。

抗菌薬 原因となる細菌を退治する。
保湿剤 乾燥した皮膚を湿潤する
亜鉛華軟膏 炎症を抑える、患部を保護する。

かゆみがある場合や湿疹を併発している場合は、上記の薬とともに抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を使用し、かゆみを抑える治療も行います。

柊ひふ科クリニック金山駅前
疾患別のご案内

ページトップ

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

愛知県名古屋市中区金山1丁目14番9号 長谷川ビル4階
TEL/受付052-331-5588
WEB予約https://hiiragi-kanayama-h.mdja.jp
WEB予約受付時間
平日午前 6:00~12:30
平日午後 6:00~18:30
土曜日 6:00~12:30

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

◎休診日:火、日、祝、土曜日午後

柊みみはなのどクリニック地図
web予約
電話
地図
TOP