メニュー

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

慢性のじんましんに対する最新治療
抗IgE抗体ゾレアによる治療

ゾレアとは?

2020年より、慢性のじんましんをお持ちの患者さんに対して、抗IgE抗体オマリズマブ(ゾレア)を皮下注射する治療を行うことができるようになりました。
ゾレアは、アレルギー反応のメカニズムに着目し、アレルギー反応の元を抑えることを狙ったお薬です。

慢性のじんましん(アレルギー性のじんましん)が従来の治療(塗り薬、飲み薬など)でなかなか治まらない方など、

  • つらい症状にお困りの方
  • 強力な治療効果を期待している方

にとっては、「ゾレアによる治療」は検討する価値の高い有効な治療法となります。

※ゾレアは同様のメカニズムで症状が出る「重症のスギ花粉症」「アレルギー性の喘息」に対する治療薬としても利用されています。

アレルギー反応のメカニズムとは?

じんましんの原因は患者さんによって多岐に渡ります。

  • 「1度だけ症状が出た、数日以内に治まった、最初の症状が出てから1ヶ月以内に治った」というような「急性じんましん」
  • 「汗をかくこと、衣服と皮膚がこすれるときの刺激、日光の刺激、暑さや寒さの刺激、月経や体調不良」などが原因で生じる「非アレルギー性じんましん」

など、アレルギー反応が関わっていない可能性の高いじんましんも多く存在します。

しかし、1ヶ月半以上にわたって慢性的にじんましんが出たり消えたりを繰り返す場合、アレルギー反応のひとつとしてじんましんが出ている可能性がございます。

食べ物などわかりやすく体内に入るもの以外にも、ハウスダストやホコリ、花粉、薬剤など、知らず知らずのうちに体内に入ってしまうものが刺激となってアレルギー反応を起こしている可能性もあります。そのため、当院ではじんましんの原因をはっきりとさせるためにも、まずは血液検査、アレルギー検査を実施いたします。

①アレルギー性のじんましんをお持ちの患者さんの体内に、原因となるアレルゲン(食べ物、ハウスダスト、ホコリ、花粉、薬剤など)が入ってしまうと、リンパ球の一種であるT細胞などによって免疫のシステムが働きます。

②アレルゲンが感知されると、免疫システム(リンパ球の一種、B細胞)によって「IgE抗体」というタンパク質の一種(免疫グロブリン)が作り出されます。

③肥満細胞(マスト細胞)にIgE抗体が結合することで、「スイッチON」となった肥満細胞からはヒスタミンやロイコトリエンと呼ばれる物質が放出されます。

④このヒスタミンやロイコトリエンが、皮膚付近の毛細血管や神経に作用してしまうと炎症症状(じんましん)を起こしてしまいます。
アレルギー体質の方の場合、このIgE抗体の量、そしてヒスタミンなどの量が非常に多くなっているため、いわゆるアレルギー反応と呼ばれる激しい症状につながってしまいます。

ゾレア®の働くメカニズム

ゾレア®はIgE抗体と結合する作用を持っています。
ゾレア®が結合してしまったIgE抗体は、肥満細胞と結合することができなくなってしまいます。
すると、上記の③の部分「肥満細胞にIgE抗体が結合する」というステップが途切れるため、そこから先のアレルギー反応が抑えられます。

したがって、ゾレアは「アレルギー性のじんましん」のみならず、似たメカニズムで発症する「スギ花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎」「アレルギー性ぜんそく」に対する治療薬としても認可されています。

ゾレアの効能又は効果

①気管支喘息

(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)

②季節性アレルギー性鼻炎

(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る)

③特発性の慢性蕁麻疹

(既存治療で効果不十分な患者に限る)

ゾレアによる治療の注意点

ゾレアは、誰でも投与できるお薬ではありません。投与前に、既存治療薬での治療、血液検査(アレルギーの検査等)が必要になります。

ゾレアによる治療を受けるための条件

(1)症状が6週間以上続く、特発性(原因不明)の慢性じんましんをお持ちである。

※過去の治療内容や症状により判断されます。詳しくは、診察にて医師からご説明をいたします。

(2)既存の治療で効果が不十分であった。

※抗ヒスタミン薬での治療など。

(3)12歳以上である。
(4)ゾレアに対し、過敏症の既往がない。

※妊娠中および授乳中の方は、必ず医師にご相談ください。

特定の背景を有する患者さまに関する注意

  1. 合併症・既往歴等のある患者さま
  2. ラテックス過敏症の既往歴又は可能性のある患者さまはアレルギー反応を起こすことがあるので注意してください。注射針部分のカバーは、乾燥天然ゴム(ラテックス由来)を含みます。
  3. 小児等 〈季節性アレルギー性鼻炎、特発性の慢性蕁麻疹〉
  4. 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は12歳未満の小児を対象とした臨床試験は実施していません(適応外)。

ゾレア投与のスケジュール

これまで慢性じんましんの治療の選択として、抗ヒスタミン薬の投与を受けてこられたものの、治療効果が不十分であると認められる場合に、ゾレアの使用をご提案いたします。

スケジュール(例)

① 1回目受診:ゾレアの使用をご提案
  • 血液検査:これまでに未実施の場合、特異的IgE抗体検査を施行
  • 既存治療を開始(抗ヒスタミン薬、点鼻薬等)1週間以上
② 1週間後、電話再診など:ゾレア自己負担額の決定

約1週間後に採血結果を確認して、投与可能かどうか、投与量と投与間隔が決まります。再診時に直接、もしくはお電話にてゾレアの適応の有無をお伝えします。 適応のある方はこの日に価格もお伝えします。予定通りゾレア治療をご希望される場合はお電話口で予約日の調整をさせていただきます。

③ 初回投与日:ゾレア300mgを投与(皮下注射) & 併用する抗ヒスタミン薬の処方
④ その後: 4週間毎に通院していただき、投与(皮下注射)

投与数日後~2週間後に効果が出始め、効果の持続期間は1ヶ月と言われています。

ゾレアの副作用

主な副作用は注射部位の赤みや腫れです。

なお、ゾレアの投与後は、以下の症状に注意してください。

  • 気管支のけいれん
  • 失神
  • 全身のかゆみ
  • 呼吸困難
  • たちくらみ
  • くちびる・舌・のどの奥の腫れ
  • 血圧低下
  • 蕁麻疹 など

※上記のような症状が発現した場合、「アナフィラキシー」の可能性がございます。
全身にわたって生じるアレルギー反応により、急激に症状が現れる可能性があります。
ゾレア投与後の注意に関しては、医師や看護師の指導に従ってください。

ゾレアによる治療にかかる費用

通常、慢性じんましんの治療のためにゾレアを投与する場合、1回あたり300mg、4週間に1回の頻度で投与を実施します。

その場合、費用は薬剤費のみで1か月あたり58,294円、3割負担の場合ですと17,488円/月となります。

小児は12歳以上が適応ですが、自治体によってはこども医療費などの医療費助成が受けられます。(名古屋市、大府市などは原則無料)

また、ゾレアは通常、これまでの抗ヒスタミン薬と併用しつつ投与することとなりますので、その抗ヒスタミン薬の薬剤費もかかることとなります。

高額医療の諸制度

高額療養費制度によって、医療費の一部が払い戻される場合があります。

医療機関での1ヵ月の医療費の支払い額(自己負担額)が一定額を超えた場合に、超えた分の払い戻しが受けられる制度として「高額療養費制度」があります。ゾレアの治療を受ける際に、医療費の自己負担額によっては「高額療養費制度」の対象となることがあります。
ゾレア皮下注シリンジの薬価は300mgで58,294円(2020年9月時点)です。ゾレアによる治療を受ける場合の医療費には、ゾレアの薬剤費以外にも診察や検査にかかる費用、ゾレア以外のお薬が同時に出る場合はその薬剤費も含まれます。

これらの合計額の3割(または2割、1割)に相当する窓口での支払い金額(自己負担額)が、高額療養費制度で年齢や所得に応じて定められた自己負担限度額を超えた場合は、払い戻しの対象となります。

医療費控除によって、税金が安くなる場合があります。

同一世帯の年間の医療費の総額が10万円を超えた場合、領収書を添付して確定申告をすることによって、税金の一部が戻ってくる「医療費控除」という制度があります。 医療機関や診療科などの区別はなく、また、薬局・薬店で購入した風邪薬などの購入代金、入院時の部屋代・食事代の他、医療機関への交通費も一部認められます。 領収書は捨てずに、ご家族の分もまとめて保管しておきましょう。

最後に

抗IgE抗体ゾレアによる治療法は、これまで原因もはっきりせず、なかなかよくならなかった慢性じんましんをお持ちの患者さんにとっては検討する価値の高い治療方法です。
そのような方々にとって、人目を気にせず普段通りの仕事や勉学、家事、趣味、睡眠ができるようになることを目指す新しい治療薬がゾレアです。
もちろん、先ほど述べたような「ゾレアによる治療を受けるための条件」はありますが、ゾレアによる治療について気になる際には、お気軽に医師へご相談ください。

ゾレアについて、より詳しくお知りになりたい方はこちらから
www.okusuri.novartis.co.jp/xolair

柊ひふ科クリニック金山駅前
疾患別のご案内

ページトップ

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

愛知県名古屋市中区金山1丁目14番9号 長谷川ビル4階
TEL/受付052-331-5588
WEB予約https://hiiragi-kanayama-h.mdja.jp
WEB予約受付時間
平日午前 6:00~12:30
平日午後 6:00~18:30
土曜日 6:00~12:30

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

◎休診日:火、日、祝、土曜日午後

柊みみはなのどクリニック地図
柊みみはなのどクリニック大須
web予約
電話
地図
TOP