メニュー

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

原因と主な症状

あせも(汗疹)は、夏場などの高温多湿な場所でたくさんの汗をかくことで起こる疾患です。主な原因としては、たくさん汗をかいた際に、汗を排出する管が、汗の成分や汚れによって詰まってしまい、汗が皮膚の中から出られなくなり溜まってしまうことで起こります。汗がたまった部分が周囲の組織を刺激して発疹ができ、かゆみを伴うのです。
小さな赤いぶつぶつができることが特徴で、乳幼児が起こしやすい病気ですが、大人も発症することあります。

あせもができやすい場所は以下のような部位が多く見られます

  • おでこ
  • ひじ
  • 背中
  • おしり
  • ひざの裏
  • (乳幼児の場合)おむつのまわり

実は、あせもには種類が3つあります。
こちらで紹介している中では、【紅色汗疹】がもっとも一般的なあせも(汗疹)ですが、【水晶様汗疹】も自覚症状が薄い内に発症していることがあります。

種類 特徴
紅色汗疹
(こうしょくかんしん)
日常で見られる一般的なあせも(汗疹)です。
赤みをもった小さな発疹ができてかゆみがあります。
チクチクする軽い痛みや熱感を感じることもある。
水晶様汗疹
(すいしょうようかんしん)
日常でよく見られるあせも(汗疹)です。
直径1〜3mm位の小さく透明の発疹ができます。
症状が軽いので、自覚症状はほぼありません。
深在性汗疹
(しんざいせいかんしん)
白っぽく平らに隆起する。
熱帯地方や高温状態の場所で長く仕事をしていたり、滞在する人に起こります。
日本ではあまり見られません。

治療方法

あせも(汗疹)の治療方法は、前述した3種類の紅色汗疹(こうしょくかんしん)と水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)とによって異なります。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)の場合

  • 炎症が起こっている湿疹のため、スキンケアを行うとともに、塗り薬による治療を行います。
  • 塗り薬は、ステロイド外用剤を使用することで、炎症を抑えつつ、かゆみも和らげます。かゆみを抑えることでかくことを防ぎ、患部の悪化を防ぎます。
  • 寝ている間も無意識にかいてしまうことがあるので、かゆみを抑えることは重要です。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)の場合

  • 症状が軽いため、まずは汗をかいた後のスキンケアが大切です。
  • スキンケアを随時行うことで自然に治って行きます。
  • スキンケアとして心がけていただきたいこととしては以下になります。
  1. 汗をかいた後、シャワーで洗い流す。または、清潔な濡れタオルで汗をしっかり優しく拭き取るように心がける。
  2. 汗をかきやすい場合(暑さや運動をする際)には、速乾性の高い素材や吸湿性の高い木綿を使用した衣類を使用するなど身に付けるものの工夫を行う。
  3. 汗をかきやすい乳幼児には、1.2.のようなスキンケアと同時に、外気の温度や湿度に合わせて衣類を調節することを心掛けましょう。また、汗をよくかく場合にはエアコンや除湿器を使用し、室温や湿度を調節してあげることも大切です。

ご注意いただきたいこと

あせも(汗疹)のかゆみから、掻き続けてしまうと、患部が悪化して「とびひ」になることがあります。あせもだからすぐ治るだろうと思っていると、長引くこともあるので、注意が必要です。

あせも(汗疹)の予防法は日常生活でスキンケアをしっかりと行うことです。スキンケアを行っているにもかかわらず発症した場合は、専門医による診断をうけるとこがおすすめです。

柊ひふ科クリニック金山駅前
疾患別のご案内

ページトップ

金山駅北口徒歩0分の耳鼻咽喉科 柊みみはなのどクリニック 名古屋市中区

愛知県名古屋市中区金山1丁目14番9号 長谷川ビル4階
TEL/受付052-331-5588
WEB予約https://hiiragi-kanayama-h.mdja.jp
WEB予約受付時間
平日午前 6:00~12:30
平日午後 6:00~18:30
土曜日 6:00~12:30

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

◎休診日:火、日、祝、土曜日午後

柊みみはなのどクリニック地図
web予約
電話
地図
TOP